恋愛相談でアドバイスが上手い人の特徴は?

admin

恋愛相談をすることはあっても、されることがある人はそこまで多くないでしょう。なぜなら、ある一定の人に相談が集まっているからです。相談される人は、アドバイスが上手く、コツが分かっています。上部にアドバイスをする特徴は何でしょうか。

<聞き役に徹している>

恋愛相談された時に心掛けなければならないのは、聞き役に徹することです。アドバイスを送ろうと強く思う人は、相手の話を遮ってまで、持論を述べたり、自分自身の経験を話そうとします。もちろんそれも相手の役に立つことはありますが、相談する人はまず自分の話を聞いてほしいと思っています。

全て話す前に話をされてしまったら、心の中にモヤモヤが残り、相手のアドバイスも耳に入ってきません。

極端な話、意見などは言わなくてもよいのです。相手の話を聞き、適度に相槌を打ったり同意するだけで、相手は満足し、また相談したいと思ってくれます。

<そっと背中を押してあげる>

相談してくる人、特に女性に多いのは、答えはすでに決まっていることです。答えを求めて相談するのではなく、自分の答えに同意してほしいだけなのです。

だから、相手の考え方や答えに、否定的なことは言ってはいけません。ポジティブになれるように、同意したり、そっと背中を押してあげることで、相手は満足してくれます。もし答えがまだ見つけられない人は、自分がどうしたいのか聞き出してあげるのも、良い相談役になるコツです。

<どうなった?と聞かない>

恋愛相談に乗ったあとは、相談者がどうなったのか、上手くいったのか気になりますよね。でも、どうなったのか相談を受けた側から聞いてはいけません。

相談者が報告してくるまで待つか、直接会った時に、そういえばあの話どうなった?ぐらいの軽い聞き方にしましょう。

ガツガツ聞いてしまうと、めんどくさい人と思われてしまうこともあります。上手くいった時は経過を教えてくれますが、上手くいかなかったら報告したくないのが心理です。どっしりと構えて、相手から報告があるまで待つというスタンスでいる人の方が、また相談したくなります。

恋愛相談でアドバイスが上手な人の特徴は、聞き役に徹し、相手をポジティブにさせてあげることです。そして、報告を待っていてくれる人には、また相談者が現れるでしょう。