不倫したパートナーと復縁するときに準備しておきたいこととは?

admin

不倫した夫や妻と復縁してやりなおすとき、今まで通りの生活に戻るというやり方ではいけません。今回の不倫を踏まえた復縁にするために、いくつか準備しておきたいことを解説します。

■不倫の事実を明記した示談書またはそれに準ずるものを作る

不倫をしたパートナーと復縁するときは、法律的な意味合いの不倫を基準にして示談書を作るのがおすすめです。示談書とまではいかなくとも、同じ内容を明記するだけでも違います。まず、不倫をした事実、示談金がある場合は示談金の支払いに関することを明記します。次に、2度と不倫をしない誓約と、禁止行為、万一のときのペナルティも決めておき、一緒に明記しておきます。

特に禁止行為やペナルティは、現実的な内容で決めることが重要です。例えば、元不倫相手とこっそり連絡を取らない、再会もしないことはきっちりしておくのが良いでしょう。ペナルティは、もし次に不倫したら離婚することや、慰謝料の金額も決めておくようにしましょう。慰謝料の金額は法的なレベルでも良いですが、今回の不倫に慰謝料を請求しないならその分を上乗せする方法もあります。

示談書を作ってもなお、相手が不倫したときは離婚しますが、相手がどうしても離婚したくないといってねばるときは、別れさせ屋を使うのもおすすめです。しょっちゅう不倫する相手ならすぐに工作にひっかかるでしょう。

■夫婦の共有財産を調べる

今回の不倫では復縁しますが、今後の生活の中で「絶対」に不倫しないとは限りません。そのため、万が一に備えて、夫婦で貯めた預貯金や、財産とみなされるもののすべてを調べて把握しておきましょう。夫婦の財産は、離婚の際に折半するものです。不倫のために預貯金を使いこまれたとしたら、とんでもない事態です。あらかじめ夫婦の財産を把握しておけば、財産分与を請求するときもスムーズでしょう。

■子どもがいるなら行政の制度を把握しておこう

子どもがいる場合、万一の不倫で離婚すれば母子家庭または父子家庭になります。行政では、離婚で一人親家庭になったときのサポート制度があるので、どの制度を使えるのか、どのくらい助成してもらえるのかなど、調べておきましょう。また、現時点で専業主婦・専業主夫の方は、収入源を準備するのも重要です。離婚してから準備するのではなく、いつ離婚しても自立できるだけの収入源も確保しておきましょう。