別居中に浮気!?別れさせ屋に依頼して別れさせた方が良いケースとは

admin

別居中にパートナーが浮気した場合、浮気相手を別れさせ屋を使って別れさせた方が良いケースにはどのようなものがあるでしょうか。いくつかのパターンを紹介します。

■別居は別居でも単身赴任による別居だった場合

単身赴任中は、事実上の別居にはなるものの、婚姻関係が破綻しているとは判断されない別居です。この状態で単身赴任先の夫が浮気をしたり、夫がいない間に妻が浮気をしたりした場合は、どうしたらいいでしょうか。

浮気を許してやり直すなら、浮気相手とは別れてもらうか、別れさせ屋に依頼して別れさせてもらうことができます。

また、浮気の証拠は掴んでいるけれども、バレていることを本人に知られていないときも、別れさせ屋の工作は有効な手段です。自然な形で浮気相手にフラれる展開にしてもらえば、浮気の付き合いも終わってしまうでしょう。

■趣味や創作活動のためなどの離婚を前提としない別居の場合

夫婦によっては趣味に没頭するために別居したり、小説や絵画などの創作に集中するために別居したりするケースがあります。

この場合は全く離婚の意思がない別居といい、この状態で浮気していたことがわかれば、証拠を押さえて離婚の話し合いもできる状態です。ですが、離婚の意思がないときは、浮気していることがわかった時点で別れさせ屋に相談するのが良いでしょう。

浮気をする本人はバレていないと確信しているので、それに合わせてバレていないフリをする方がたくさんの証拠や情報を集めることができます。

また、別れさせ屋の方も多くの情報がある方が動きやすいため、焦らずに行動することが大切です。

今後も別居しながらでも夫婦として添い遂げたいなら、ここはうまく振舞うのが良いといえます。

■別居中の浮気に気づいたらまずやるべきこと

別居中の浮気に気づいたら、別れさせ屋に相談するとしても、はじめに別居に至る経緯を説明できるように整理しておきましょう。浮気に気づいた流れや証拠もあるとよりスムーズです。

万が一、別れさせ工作がうまくいかない、相手が離婚したいといい出したときに備えて、夫婦で貯めた財産や、慰謝料のこともある程度把握しておくのがおすすめです。