友達からの恋愛相談をアドバスする時に注意することは?

admin

恋愛真っ最中の友達から、恋愛相談を受けることもあります。

そんな時には反対に、アドバイスをどうしたらいいかで悩んでしまう方もおられます。

注意することなどを踏まえて知っておくと良いアドバイスができるでしょう。

■相手が恋愛相談で悩んでいるのだからしっかりと聞き役になってあげる

第三者の立場から恋愛相談を受けていると、すべてが同調できたり納得できるばかりの相談ごとではないこともあります。

話の内容によっては友達であっても同調ができなかったり、変に思ってしまうことがあるかもしれませんが、当の本人にとっては真剣に悩んだ末に友達のあなただからこそ相談をしているわけですので、まずはしっかりと聞き役に徹してあげましょう。

話の腰を途中で折ったり、つい反論をしてしまったり、あまりに早急な結論を出してアドバイスを急ぐことなどは避けてあげることで、友達も落ち着いて恋愛相談ができる環境になります。

■できる範囲でのアドバイスをしていく

恋愛相談とは言っても、すでに自分の中で答えを出している場合も多くあります。

その判断の最後の部分で迷っていて、友達であるあなたにも判断をしてもらおうと相談をしてきていることもあります。

本人の問題は基本的に本人が解決する方が好ましいですので、できる範囲でのアドバイスとしては、背中を押してあげる役目をするのが良い場合もあるのです。

迷っている心の中をあなたに明かすことで、本人が心の中を整理して自らが結論を出しやすい雰囲気にするのが良いでしょう。

■相談内容によってはきちんとした相談機関へと繋いであげる役目も必要です。

緊急を要するような内容や、心身に関わってくる内容などで医療的なケアが必要だと思われるコアな相談内容をされた時には、自分だけのアドバイスに留めずに相談機関などを紹介してあげることも必要かもしれません。

素人の段階でアドバイスできることと、専門機関が必要なアドバイスとは分けて考えておくべきでしょう。

友達から恋愛相談を受けた時には友達としてアドバイスをしたり、一緒に問題を考えていきたくなるものです。

できるだけ本人が話やすい環境づくりをして、悩んでいる話をしっかりと聞いてあげることが必要です。

また状況によっては専門機関を紹介することも必要でしょう。