友達に恋愛相談するのはアリ?どんな人にアドバイスをもらうのが有効?

admin

ひとくくりに恋愛相談といっても、様々な種類があります。

とにかく心の中をすっきりさせたい、ちょっと深刻な悩みだから真剣にアドバイスが欲しい、など恋愛中はいろんな状況で誰かに相談したくなるものです。

しかし相談相手のタイプによってもらえるアドバイスも違ってくるもの。

どんなタイプの人に相談するべきなのでしょうか?

■とにかく聞いてほしい時は気さくでポジティブな人に

ちょっとした恋人とのけんか。深刻な相談ではないけど誰かに聞いてもらいたいと思うことは多いのではないでしょうか?

そんな時は話しやすくて気さくな人がベストです。

とにかく聞いてほしい時は「そうだったんだ」「そういうことあるよね」と言ってもらえることで心落ち着くもの。

ちょっと愚痴っぽくなっても、明るい感じに受け止めてもらえれば、すっきりするうえ元気も分けてもらえそうですよね。

■難ありの恋愛相談はカウンセラータイプの人からアドバイスを

恋愛に悩んでいると、ときに自分ばかりを責めたり、そのことから「このままでいいのか」と、自分の人生についてまで考えてしまうなど、悩みが膨れ上がってしまうこともあります。

恋愛悩みは“人と向きあう”という難しい課題でもあるので、そういう時は真剣に話を聞いてくれ、自分自身で考えることを促してくれるようなアドバイスをくれる人に相談することがベストです。

本当に自分はそうしたかったのか?

本当はどう思っているのか?

など、ちょっとドキッとするような指摘も、自分自身を見なおしたいと思っているようなときには、必要かもしれません。

■異性もあり?

これから積極的にアプローチしていきたいと思っているときや、彼や彼女がどう考えているかわからない、といったときなどには異性に相談してみるのもいいかもしれません。

どうしても感覚の違う異性の問題なので、相談してみると意外と単純な考え方の違いだったとがわかることもあります。

真剣に恋愛相談というより、軽く異性としてのアドバイスを聞きたい、という時にベストでしょう。

もちろん真剣な恋愛相談が可能な相手なら、もっと深い相談を持ち掛けることもあるかもしれませんが、好きな人や恋人に誤解を与えないように注意しましょう。

恋愛相談も自分が抱えている悩みに応じて相談相手を考えた方が、相談した後になんとなくモヤモヤしてしまう…なんてことも減らせます。

しっかりしたアドバイスが欲しいのか、聞いてほしいだけなのか自分の中でも少し明確にしておくのがいいかもしれませんね。