不倫関係にはまる原因の多くは相手からの「離婚するつもり」のひとこと

admin

自分の本意ではないけれど、つい不倫関係に突入してしまう人も少なくありません。

多くの場合、不倫相手から「妻とはうまくいっていない」「離婚するつもり」のひとことがきっかけになり、不倫関係になってしまうようです。

■本当に結婚する気があればすぐに離婚手続きをしている

不倫相手の言葉を信じ、不倫関係になってしまった場合、いつかは相手と結婚できると思っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にはいつまでたっても結婚することができず、相手に問い詰めても妻が離婚に応じない、今話し合っている最中だ、子どものことでもめているなどとはぐらかされ、そのまま不倫関係を続けてしまうことになります。

不倫相手が本気であなたと結婚するつもりがあるのなら、まずは離婚問題を解決してからお付き合いを申し込んでくるものです。

好きな人を大切に思うからこそ、離婚問題や不倫などに関わらしてはいけないと思い、早く離婚を成立させようと努力します。

また、離婚する気持ちがあったとしても先に不倫関係になってしまうと、その関係性に慣れてしまい、ズルズルと不倫を続けることになります。

妻に対しての不満も不倫相手で解消できるようになるため、離婚を早めるどころか現状維持を望むようになる男性も少なくありません。

■不倫がきっかけで本当に離婚してしまうことも

妻とうまくいっていない男性と不倫関係になってしまった場合、不倫が妻にバレることで本当に離婚に進むこともあります。

しかし、決して円満離婚ではないため、妻から高額な慰謝料や養育費を請求されるだけでなく、場合によっては不倫相手のあなたに慰謝料を求めることもあります。

不倫がきっかけで離婚まで進んでしまった場合、決して良い結果にはなりません。

離婚が成立して結婚できたとしても、その後は二人で毎月高額な慰謝料や養育費を支払い続けなくてはならず、経済的にも圧迫されます。

これまでどおりの裕福な生活は保証されず、下手をすれば共働きで毎月返済に苦しむことになるので、不倫相手の離婚が成立したからといって、手放しで喜ぶことはできません。