恋愛相談でアドバイスをもらうなら相手選びが大事!自己責任で決断

admin

恋愛相談でアドバイスをもらうとき、友人に頼る方もいます。

しかし、絶対的にいいアドバイスをもらえるとは限りません。

失敗した結果、不信感が募ってしまい人間関係が崩れる場合もあります。

恋愛相談で友人にアドバイスをもらうときの注意点をご紹介します。

■恋愛相談でアドバイスをもらうときは相手選びが重要

恋愛相談でアドバイスをもらうなら、相手選びは慎重にしなければなりません。

友人なら誰でもいいわけでもなく、自分を本当に理解してくれている人、信頼できるかどうかで選びましょう。

同性に限らず、異性の友人への相談も検討してみてください。

同性の場合、経験豊富だとしても、異性の男心、女心がわかるかどうかは別の話だからです。

思考回路や価値観は男女差があるのはしかたありません。

アドバイスをもらう相手次第で、以降の恋愛が左右される場合も多いため慎重に選びましょう。

■友人の恋愛相談におけるアドバイスは遠慮が入っている場合もある

恋愛相談のアドバイスをするとき、友人だと遠慮が入る場合もあります。

相談相手の性格にもよりますが、本音はあるが言ってしまうと傷つけるという心理が働くのです。

本来、恋愛相談でアドバイスを受けたいなら、厳しい意見も受け入れなければなりません。
ただ「遠慮なく言って」と伝えたとしても、仲のいい友人だからこそ遠慮が入ってなかなか本音が言えない場合も多いのです。

結果、中途半端、当たり障りのないアドバイスになって、結果が上手くいかないケースもあります。

■恋愛相談で友人のアドバイスを聞くときは自己責任で決断する

恋愛相談を信頼できる友人に相談するとき、ありがちなのが、判断を相手に任せるケースです。

本来、恋愛は自分に関する重要な問題ですが、失敗したときの保険のため、相談相手のせいにしたがる人もいます。

「自分ではどうすればいいか決められない」「あなたが自信満々でアドバイスをしたから」と失敗したとき、相手のせいにしたら人間関係が崩れる場合もあるのです。

アドバイスを聞いて、決断するのは自分自身であり、いいと思ったら自己責任で実践するようにしましょう。

■恋愛電話相談のアドバイスなら客観的な意見を聞ける

友人に恋愛相談をするのもいいですが、客観的なアドバイスを聞きたいなら、恋愛電話相談もおすすめです。

専門知識や経験を背景にした恋愛相談ができます。

これまで友人からのアドバイスで上手くいかなかったは相談してみてください。