恋愛相談でアドバイスするときに気をつけたいこと3つ!

admin

友達や身近な人から恋愛相談をされた経験はありますか?恋愛相談されると何かいいアドバイスをした方がいいのかなと悩むかもしれません。でも、恋愛相談ではアドバイスが必要ないこともあります。

■アドバイスが必要か必要でないかを考える

恋愛相談の場合、誰かに話を聞いてもらうだけで解決することがあります。相手に恋愛の話をしていると自分の気持ちが整理され、すっきりするからです。この場合、相談に対して、アドバイスは必要ではありません。ただ、話を聞いているだけで相手は満足しています。そのため、恋愛相談をされたときはまず、相手の話をよく聞いてみましょう。相手がアドバイスを求めているのか求めていないのかを見極めることが大切です。

■アドバイスするときは相手の立場になって考える

相手の話を聞いていると自分の価値観だけで判断してしまうことがあります。相手の話を頭から否定したり、悪いところばかり指摘したりしていませんか?アドバイスをするときは必ず、相手の立場になって考えてみることが大事です。その上で、自分だったらどうするか、こういう方法はどうなのかという提案をしてみるといいかもしれません。自分の価値観だけでアドバイスすることはやめましょう。

■アドバイスするときは言葉使いにも気をつける

相手は色々な不安や思いを抱え、悩んでいるので気持ちが神経質になっているかもしれません。ちょっとした言葉でも心にひっかかってしまい、傷ついてしまうということも考えられます。アドバイスするときは言葉にも最新の注意が必要です。上から目線の話し方になっていませんか?決めつけた話し方になっていませんか?いつも以上に相手への配慮を忘れないでくださいね。

恋愛相談ではちょっとした言葉の行き違いで、ときに今までの関係を壊れるようなことも起きてしまいます。言葉使いもそうですが、相手の話を聞くときの表情や態度も大切です。良いアドバイスをしようと考えず、まずは相談している相手と真剣に向き合ってみてくださいね。