不倫相手と復縁できる?むずかしいケースと可能性があるケース

admin

不倫相手と復縁をしたくても、むずかしいケースはあります。
むずかしいケースでは、どんな努力をしても復縁できません。
どんなケースだと、不倫相手と復縁できないか解説しますので、自分の状況に当てはめて考えてみてください。

■不倫相手が家庭を取って別れたら復縁したくてもむずかしい

不倫相手が、不倫ではなく、家庭を取って別れたなら復縁はむずかしいです。
不倫相手は「このまま不倫をしていると家庭を壊しかねない」と判断したのでしょう。
自分の家庭を壊してまで続けたいほど、不倫に対し本気ではないことの現れです。
不倫相手と会うため、パートナーや子どもたちに「仕事」と嘘をつく場面もたくさんあります。
その嘘に「裏切っている」という罪悪感が生まれれば、家庭を取るのも当然です。
家庭を壊したくなくて別れたのに、復縁したいと思う方は少ないでしょう。

■将来が見えなくて相手が別れを告げてきた

自分が既婚者で別れた不倫相手が独身だったとします。
不倫相手が別れを告げてきた理由が「将来が見えない」なら、復縁はむずかしいです。
離婚するつもりがないのに「いつか離婚する」「離婚についての話し合いをしている」など嘘をついて関係を留めていた結果が「別れる」だとしたら、なおさらむずかしいでしょう。
不倫相手は結婚を考えているのに、その気配や動きがないなら「別れるつもりがない」と判断するのも当然です。
その状況で別れたのに「復縁をしたい」と伝えても応じてくれる可能性は低いでしょう。

■相手が不倫に対して苦痛を感じるようになった

不倫相手が不倫に対し、苦痛を感じるようになれば、復縁はむずかしいでしょう。
「結婚できそうにない」「会話の中で家族の話や影を感じるのが苦痛」「家族を優先して会いたい時に会えない」などが苦痛の理由して挙げられます。
また、不倫相手に好きな人ができたら、不倫関係を解消されても不思議ではありません。
好きな人を優先したいと考えるのは当然ですから復縁してくてもむずかしいでしょう。

■不倫相手と一度別れたら、理由によって復縁はむずかしい

不倫相手と一度別れた場合、理由次第で復縁はむずかしいと言わざるおえません。
不倫相手が家庭を取った、不倫を続けても明るい将来が見えない、不倫に対して苦痛を感じるようなことがあれば、復縁したくてもむずかしいでしょう。