不倫相手と別れたいと思ったら?トラブルに発展しないための注意点

admin

不倫相手と別れたいと思ったとき、方法を間違えるとトラブルに発展します。
不倫相手がストーカーになる、パートナーに関係をばらす、会社に来て大暴れする。といったことにならないよう、慎重な別れ方をしなければなりません。
不倫相手と別れるとき注意したいポイントをご紹介します。

■未練がましい言葉は言わないようにする

未練がましい言葉は言わないようにしましょう。
「まだ愛しているけれど」と男性の不倫相手に告げると、強引に押せばまだ大丈夫と思われるかもしれません。
未練があると不倫相手に思われないような別れ方をすることが大切です。
未練がましい言葉を言ってしまう方の傾向に、優柔不断があります。
別れたくても、いざ、別れ話をすると惜しくなってしまうケースです。
きちんとけじめをつけるためにも、未練を捨てて不倫相手に別れを告げましょう。

■感情的になって泣きわめくのもNG

不倫関係とはいえ、本気で愛情を持っていた場合、普通の恋愛と同じような気持ちになっていることも多いです。
別れ話が出ると感情的になり、泣きわめく方もいますが、トラブルを避けるなら我慢しましょう。
しっかりとけじめをつけなければならない状況ですし、相手が復縁の可能性を考えないよう、冷静に別れ話をしたほうがいいのです。
感情が爆発するまま、不倫相手をなじればケンカになる可能性もあります。
喫茶店やホテルのラウンジなどで大ゲンカに発展すれば恥を晒すだけです。

■別れ話をする前に覚悟を決めるのは肝心

絶対不倫関係を解消したいと思ったら、覚悟と決意が重要です。
別れ話をしたとき、不倫相手は別れないためにあの手この手で説得をはじめるかもしれません。
丸め込まれて「やっぱり別れない」とならないように覚悟を決めて「別れる」と決意することです。
そのためには不倫を続けた結果起きる、悲惨な将来を想像してみましょう。
同時に不倫をやめたとき訪れるだろう楽しい未来を考えるのです。
不倫を止めたほうがよいと本音で思えます。

■不倫相手と別れるための注意点を知り、スムーズに関係解消

不倫での別れ話も恋愛と同じく相手や自分に未練があればスムーズに話が進みません。
大きなトラブルに発展しないよう、別れるという覚悟を持って決意もしてください。
そうすれば未練なく、別れ話を切り出せますし、感情的にならず落ち着いて別れ話ができます。