家庭のある人に本気になり、離婚させたいと思っている場合に気をつけること

admin

不倫をしている方が、家庭のある人に本気になってしまい、離婚させたいと思うこともあるでしょう。

人の気持ちは、特に恋愛感情というのは、ご自分ではコントロールできないことも多いものです。

このような気持ちになった時に気をつけた方がよいことを考えてみます。

■離婚させたいとまで思う前に、しておこう

家庭のある人と不倫関係になってしまい、離婚させたいとまで思ってしまうということは、よほどお相手への気持ちが強いのでしょう。

相手にとって本当にふさわしいのは、現在結婚しているパートナーではなく、ご自分であると自信を持っているのかもしれません。

その方よりも先にあなたが出会っていたのだとしたら、きっとあなたと結婚したでしょう。

けれどもどんなに好きなお相手であっても、離婚をする前の段階であれば、現在のパートナーの方は、法的に守られていることを自覚しておく必要があります。

このようなケースでは、実際に不倫問題で裁判を起こす方も多くいるので、ご自分も相手のパートナーから法的に裁かれることがあるかもしれないということは、一応知っておきましょう。

そのようなことは絶対に無いという架空のお話ではないので、その時になって慌てないためにも、イメージしておくことは身を助けることにもなります。

■自分が思っているように不倫の相手も離婚を望んでいるのか

ご自分が不倫相手との未来を夢見て、離婚をしてもらいたいといくら願っていても、相手の方にそこまでの気持ちが無いのだとしたら、気持ちも行動も徒労に終わります。

それどころか相手方の離婚を望むあまりに、激しく詰め寄り話し合おうとすればするほど、相手との溝が生まれてしまうかもしれません。

ご自分が相手の離婚を望む気持ちの大きさと同じくらいの気持ちがお相手にもあればこそ、離婚が成立したりその後のあなたとの新たな結婚生活も現実的なものとなるのです。

その反対に不倫の相手にその気持ちがないなど、逃げの姿勢が見られるのであれば、一度立ち止まってふたりの関係やご自分の将来のことなどを冷静に考えてみることをおすすめします。

不倫をして、家庭のある方を離婚させたいとまで思う前に、冷静になってご自分が置かれている現状や未来のことを考えてみるのは、ご自分のためにも大切なことです。

離婚させるということの意味やそのことで背負う責任、今後のことなどを理解した上で、どう振る舞うのかを決めましょう。