不倫相手に本気になってしまったら!パートナーから略奪することはできる?

admin

お互いに遊び関係だと割り切っているつもりが、いつの間にか本気で不倫相手のことを好きになってしまうこともありますよね。
自分がどれほど本気であったとしても、不倫相手が同じ気持ちになるとは限りません。
それどころか気持ちが重すぎると思われ、逆に別れようとする可能性もあります。

■不倫のルールを守れないと振られることもある

相手が結婚していることは最初から分かっているので、不倫関係ではお互いに将来について話さないことが暗黙のルールとなっています。
また、不倫相手が自宅にいる時間は連絡をしない、相手に結婚を求めないなど、不倫関係では守らなくてはならないルールがいくつかあります。
不倫相手のパートナーにバレてしまったら、そこで関係はすぐに終わるため、会えない日が続いたとしても我慢するほかありません。
自分が本気になったからといってルールを破り、休みの日に会いに行ったり、自宅に電話するなどの行動をすると、すぐに相手から別れを切り出されることでしょう。

■別れさせ屋に依頼すると略奪できることも

不倫相手を本気で好きになったからといって、相手がすぐに自分との結婚を考えるわけではありません。
仮に相手が離婚するつもりであっても、相手のパートナーがすんなり離婚するとも限りません。
夫婦関係が破綻していたとしても、浮気が原因で離婚したいと分かった場合、相手のパートナーも意地になって離婚を承諾しないこともあるでしょう。
不倫相手をパートナーから略奪したいと思う場合は、プロの別れさせ屋に相談してみると、離婚を実現できる場合もあります。

■不倫のリスクを理解して依頼すること

別れさせ屋に依頼して離婚させることができたとしても、その後は二人で社会的制裁を受けることは覚悟しておかなくてはなりません。
不倫相手が元パートナーから慰謝料や養育費を請求されるのは当然ですが、不倫がバレている場合は、浮気相手となる自分にまで慰謝料を要求されることもあります。
また、同じ職場の場合は配置転換されたり、場合によっては降格させられキャリアを失う可能性もあることは覚悟しておきましょう。