別居中のパートナーの浮気は許される?

admin

結婚している夫婦のどちらかが浮気をした場合、不貞行為にあたり、離婚した場合は慰謝料が発生します。
しかし、別居中に浮気をした場合はどうでしょう。
婚姻中だから不貞行為にあたるのか、それとも別居しているから許されるのでしょうか。

■一時的な別居状態なら不貞行為にあたる

別居を選択しても、必ず離婚すつもりであるとは限りません。
性格の不一致や価値観の違いなどでケンカになってしまい、少し距離を置いて考えたい場合に別居する夫婦も少なくありません。
お互いに話をして離婚する意思がない別居だとした場合、浮気をしたら不貞行為にあたります。
証拠がそろっているのなら有利に離婚を進められるだけでなく、パートナーやその浮気相手から慰謝料も請求できます。

■離婚する前提であれば不貞にならない

夫婦で話し合ったうえで離婚を前提に別居している場合は、不貞行為にはあたりません。
すでに夫婦関係が破綻していることから別居を選んでおり、浮気をしたからといって裏切られたことにはなりません。
そのため、慰謝料を請求することも難しいといえます。
ただし、別居してすぐに浮気が発覚した場合は、別居前から関係が続いている可能性があります。
別居前から続いている浮気の証拠をそろえ、証明できるのであれば慰謝料を請求することも可能です。

■一方的な別居で浮気すると不貞行為にあたることも

別居したままお互いに連絡をとらず、何年も経過している場合は夫婦関係は破綻していると判断されますが、別居して間もない場合は夫婦関係が破綻しているとみなされないため、慰謝料を請求される場合もあります。
また、離婚の話し合いが終わっていないのに相手が一方的に別居を始め、浮気をした場合は不貞行為にあたり、慰謝料が発生する可能性が高まります。
別居中にほかの人と恋愛をする可能性が少しでもある場合は、必ず別居前にお互いに離婚の意志があることを確認しておかなくてはなりません。
相手が離婚をイヤがっている場合は浮気にあたるため、注意が必要です。