恋愛相談をされたらどうアドバイスをすればよいのか

admin

友人や知人から恋愛相談をされた経験がある人もいるでしょう。
しかし、どのようにアドバイスをすればよいのか迷う人も多いと思います。
そこで恋愛相談を受けたときのポイントや、どう言ったアドバイスをすればよいのかを紹介していきます。

■恋愛相談をされたらアドバイスをする前に聞き役に徹する

恋愛相談をされた場合、最初に行うべきことが聞き役に徹することです。
自分の意見はあまり言わず、相手に同意をする感じで聞いてあげるとよいでしょう。
恋愛相談をしてくる人の中には、自分の悩みを誰かに聞いてほしい、共感を得たいと考えている人も多いのです。
中には相談をして意見をもらいたいというよりも、自分の話を聞きいてもらうだけで満足することもあります。
どうすればよいか質問をされてからアドバイスをするのがよいでしょう。

■恋愛相談に対するアドバイスは同意が大切

恋愛相談をする人の多く、特に女性の場合には、自分の意見に同調してもらいたいという思いが強いと言えます。
そのため、むやみに反対意見を言うのではなく、相手に同調するようにアドバイスをすることが重要です。
例えば「彼氏とケンカをしたけれど、どう見ても相手が悪いので別れたいと考えているけれどどう思う」と言われたとします。
このようなときには「私も彼氏が悪いと思うから別れた方がいいと思う」と伝えるのがよいでしょう。
彼氏は悪くないと思っていた場合には、はっきりと「彼氏ではなくあなたが悪い」と言うのではなく、「まだ好きだという気持ちがあるなら仲直りをすることも考えておくといい」という感じで、柔らかな感じで伝えるのがおすすめです。

■同意が重要になる恋愛相談のアドバイス

恋愛相談を受けても、どう返事をしたらよいのかわからないのであれば、まずは聞き役に徹して、最後に同意をするのが基本です。
反対意見を言うときにも、同調しつつやんわりとした言葉で返答するのがよいアドバイスの方法です。